​学習サポート

NPO法人白鷺は学習面もサポートします

スポーツと勉強の両立

 技術力が優れていると高校・大学と推薦や特待生として進学することが可能となります。ただ、学校成績が伴わなければ、卒業後の進路選択の幅が限定的になります

 また、夢を叶えてプロアスリートになっても、スポーツしか出来ないことで、引退後に苦労する選手が多いのも現実です。

 最近のプロアスリートは高学歴や有資格者も多く、引退後でもスポーツやそれ以外の分野で活躍するのが当たり前となっています。

 アスリートは、一般の学生とは違い集中力と根気強さに優れています。勉強する環境があって、勉強方法を知るキッカケさえあれば、今よりも成績が上がり、将来の選択肢が広がります。

 将来なりたい自分になるために、ジュニア期のスポーツと勉強の両立はとても重要です。

学習サポート

2018年9月よりAOBA FCとNPO法人白鷺が中心となって『A✩HA仙台総合型地域スポーツクラブ』を立ち上げ、2020年より新たに英・数・読解総合塾CYOPAも仲間に加わったことで、スポーツだけでなくアスリートの学力アップも可能にしました。

STA白鷺では勉強方法を知る為に、学習サポートを定期的に行っています。

勉強も本気で取り組みたい人は、英・数・読解総合塾CYOPA特別スケジュールでバックアップしてくれます。

 白鷺はスポーツと勉強を両立させ、現代のトップアスリートを育てる新しい形のクラブチーム』を目指しています

学習サポートの様子

 2020年7月第一回、英・数・読解総合塾CYOPAにて初めて行われた学習サポートは、クラブ員と保護者が一緒に参加し、塾の特徴や「学校休校」での学力への影響などの講義と、模擬授業を行いました。第2回目は各学年に分かれて、講師が担当科目別に授業を行い、普段の授業と違った雰囲気での模擬授業を行いました。

 8月8日(土曜日)夏合宿初日の午前中、今回もCYOPAさんにて第3回学習サポートを開催。今回からは団員の子供達だけで午前中いっぱい集中して行いました。(その時の様子が「仙台経済界9-10月号」に掲載されました)

 

 今後も引き続き、団員の未来の可能性を広げられるように、定期的に学習サポートを開催していきます。

STA様ロゴデータ_HAKURO.png

SENDAI MIYAGI

運営法人     特定非営利活動法人 白鷺

©NPO法人 白鷺 2019-2020